2018年6月23日土曜日

平成30年6月22日(金) 晴れ時々曇り

6時半起床。コーヒーを淹れてくる。


プライムミュージックはクラシックギターの名曲集を流してブログの更新。


タレガ(タルレガ)のアラビア風奇想曲はいいね~。胸が切なくなる。

リビングで朝刊とシェイクとゆで玉子作り。


『半分、青い』を観て出勤。

(・・・・・・仕事中・・・・・・)17時勤務終了。帰宅。

何の番組だったか朝のラジオで、高齢者は痩せている人の方が死亡率が高いことを言っていた。二年前の夏、店を閉めた後、遊んでいるわけにもいかないので、介護職(初任者研修・旧ホームヘルパー2級)の資格を得るため勉強していたので専門用語が出ても理解できる。

介護職はその後資格を取り職に就いたが背中と腰を痛め、もう若くないことを悟り事故を起こさぬ内に離職した。

なぜ痩せている人の死亡率が高いか、と言うと痩せている人の方が要介護になるリスクが高く健康寿命を維持できないからだ。

高齢者で痩せている人に多いのは、加齢による運動量の低下、それに伴う食欲の低下、栄養不足で体重(筋肉)が減少している状態だ。この筋肉量が落ちた状態をサルコペニアという。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の一因にこのサルコペニアが挙げられる。ロコモとは運動器、やさしく言えば足腰が弱り、歩行や立ち座りの機能が低下した状態を指す。

健常者と要介護の中間で可逆的な状態すなわち、運動や治療でまだ健常に戻れる状態をフレイルという。要支援、要介護の予備軍だ。

横文字の専門用語が多く小難しい話は置いといて、普段から体脂肪に気をつけてしっかりタンパク質を摂って適度な運動(負荷のかかる筋トレなど)をしていれば痩せているより少し余裕がある方がよいみたいだ。今のところ体重の余裕だけはありプチ安心(笑)。

でも最悪なのが「サルコペニア肥満(筋肉のないデブ)」ということで気をつけねば。

サルコペニアかどうかを判断する代表的なものに指輪っかテストというのがあり、親指と人差し指で輪っかを作り、ふくらはぎの一番太い部分にはめてみる。

で、指がしっかりと重なってしまったりふくらはぎと指で作った輪っかの間に隙間ができてしまったりする場合は、ふくらはぎがかなり細く、サルコペニアの疑いがあるそうだ。

また、椅子に座って腕組みして、左右の足を変えて片足立ちができればまず問題ないそうで、やってみましたがな。

まだ楽勝~(笑)。

2018年6月22日金曜日

平成30年6月21日(木) くもり

7時過ぎ離床。今日は木曜で休日。コーヒーを淹れてくる。


プライムミュージックのバラード系のジャズを流してブログの更新。


リビングで『半分、青い』を観ながら朝刊に目をとおす。


本日は夏至。日の出04:25 日の入19:00で、14時間35分と一番日が長く、日の出は最も早いが、日の入りが6月下旬から7月上旬まで 19:01 と1分だけ遅いので厳密には日没が最も遅いわけではない。

午前中に散髪に行く。帰ってきて昼は冷やしつけ麺。いわば盛り蕎麦の中華版。


デザートは紀ノ国屋のレーズンサンドクッキーとアイスコーヒー。


美味しいが重いので一枚だけにしておかないと後悔するのは必至(笑)。

今日は散髪に出たついでに買い物をしてきた。切らしていたレモンも忘れず買ってきた。一番使いやすいのはアメリカ産のバラで売っているものだ。



国産は安心だが実が小さくて高い。アメリカ産でも2個3個とまとめてあるものは硬かったり種が多かったりと不揃いだ。

なのでアメリカ産のバラ売りが実が大きく果汁たっぷりで種も少なく安定しているので使いやすいのだ。日によって税込み1個約105円~140円と値段にばらつきがあったり、店によっては扱ってなかったりが難点だが安いときに数個まとめ買いしておけば日持ちするからそんなに贅沢品ではないしCPも悪くない。

夕方になり Kick off
帆立の磯辺揚げ・カマルグの塩で
イカのXO醤炒め
自家製サンドウイッチ
カシューナッツの黒胡麻きなこ
残軀たのしまざるべけんや。 伊達政宗

2018年6月21日木曜日

平成30年6月20日(水) 雨

6時20分起床。コーヒーを淹れてくる。


プライムミュージックは「自律神経にここちよい音楽」というのを流してブログの更新。


いやあ、自律神経からここちよい、と連絡がありました。って、あるわけないわ(笑)。まあ、よく考えたら変なタイトルだが引っかからずにスルー。

リビングで朝のおきまり。


『半分、青い』を観る。一瞬で三年が経過する。便利だなあ。でもこれがあるから見逃せない。この回を見逃したらプチ浦島太郎になってしまう。萩尾律は佐藤健の実年齢に近くなり、スズメ(永野芽郁)はこれからは実年齢より年上を演じることになる。今日は物語が動く過渡期。観終わって出勤。

(・・・・・・仕事中・・・・・・)17時勤務終了。帰宅。

Have a nice evening
レモンを切らしたのでライムジュース。

テレ東『家ついていっていいですか』を観る。本当にいろいろな人がいるのを実感する。見た目だけではけっして分からない人生のドラマがそれぞれの個人に詰まっている。

2018年6月20日水曜日

平成30年6月19日(火) 午前中晴れのち曇り

6時起床。コーヒーを淹れてくる。


ヒーリング系を流してブログの更新。


リビングで朝刊とシェイクとゆで玉子作り。


『半分、青い』はきのう地震で飛んだ分を含めて2話放送するとのことで、8時半まで2話目を全部観てから出勤しても遅刻することはないが、朝は8時20分に家を出ることに決めているので録画しておく。

まあ一話抜けても物語を追えなくなることはないからいいのだけど、毎日観ていると全部押さえておきたいものだ。前作の『わろてんか』は全部観ていると思う。何の自慢にもならないが(笑)。

出勤。(・・・・・・仕事中・・・・・・)17時勤務終了。帰宅。

辛苦了(おつかれ~)
21時からサッカーワールドカップの日本vs.コロンビアを観る。世界のランキングからいっても、情けないが日本は出場しているだけでも良しとしなければ、と思っていたら勝っちゃった。勝っちゃった、というのは失礼だが相手は試合開始直後レッドカードで一人退場だったのでハンデ戦みたいなもので終始有利にゲームを運べたのが大きい。

ところでこの前の『チコちゃんに叱られる』で、「なぜサッカーは手を使ってはダメなの?」というのがあったが、誰も答えられず「ボーッと生きてんじゃね~よ!」と、チコちゃんに叱られます。


答えから書くと「手を使っていいことにすると殴るから」というものだった。原型は手を使っていい何でもありだったのが、殴る蹴るでけが人が続出したため、ボールを持つことを禁止するルールが生まれたのだそうだ。

今回のワールドカップは波乱含みで、ドイツが初戦敗れたり、アルゼンチンやブラジルが引き分けたり、イタリアやオランダは予選敗退で出場を逃すという荒れ模様だ。日本もリーグ戦初戦をものにしたので一気に期待が膨らんだ。

私はサッカーは全然わからない「その時だけファン」なのであれこれ言うような知識はない。偉そうに言うことではないが、知っている外国の選手といえば、メッシ・ロナウド・ネイマールくらいしか思いつかん。

時代は違うがペレやマラドーナも名前は知っているぞ(そんなの誰でも知っているわ・笑)。

2018年6月19日火曜日

平成30年6月18日(月) くもり

5時離床。いつもより早起きというわけではなくこの時間には目覚めているが横になってラジオを聴いていたりして起きるのは6時台が多いだけだ。世界一朝に弱いと思っていたが変われば変わるものだ。コーヒーを淹れてくる。


プライムミュージックを流していたが、だいぶ後で写真を撮っていないことに気づく。ブログを更新してリビングで朝刊とシェイクとゆで玉子作り。


『半分、青い』が始まる直前に緊急地震速報が入る。最悪の場合に備えての危険回避をうながす警報なのだが、地震が関西圏で関東には直接の影響はない、と判っても「強い揺れに備えてください」と言われるとつい身構えてしまう。あの警報音は不安になるなあ。

大阪北部は震度6弱で、当然朝ドラは飛んだ。

出勤。(・・・・・・仕事中・・・・・・)17時勤務終了。

おつかれ~
月曜はオンエアで観たいものがあまりないので録画を整理しながら観る。サッカーワールドカップのアルゼンチンーアイスランド戦でアイスランドのTV視聴率が99.6%だったというニュースを知る。ほぼ全員が観ていたことになる。優勝候補のアルゼンチンのメッシを止めたのだから引き分けも視聴率も快挙である。「残りの0.4%はピッチにいたんだよ」というコメントが気が利いている。

2018年6月18日月曜日

平成30年6月17日(日) 曇り

7時起床。コーヒーを淹れてくる。


プライムミュージックを流してブログの更新。


「更年期にやさしい音楽」というタイトルのアルバムで、もう更年期すら過ぎているがどんなのか聴いてみたら、ピアノソロに小鳥のさえずりが入っていた。更年期を高齢者に置き換えても一向に差しつかえない。高齢者を若者に置き換えても使えるぞ(笑)。

朝は特に何も食べない。元々がそういう習慣だ。昼になって朝昼兼のご飯。


きのうから涼しい。半袖では肌寒い。夕方まで雑用。散歩にも植物園にも行かぬひきこもり状態で今日は家から出ていない。仕事で歩くから休日は本来の休息日にする。

首コリのことを調べていて、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という名称を知る。振り向いたときに出る首筋の大きい筋肉だ。これのマッサージをすると不思議に諸々の不快な症状が軽くなるらしい。いろいろなサイトがある上、YouTubeにもある。


これだけの数で紹介しているし、まったくのデタラメではないだろうから試してみる。首には多くの神経が集まっていて自律神経を整えるみたいだ。いや~よく効くわ~(笑)。そんなことはないがたしかに軽くなった気がするが、自己暗示もあるからよくわからない。もう少し深く調べてみる。

夕方になり Kick off 。


2018年6月17日日曜日

平成30年6月16日(土) 曇り

6時半起床。コーヒーを淹れてくる。


プライムミュージックは選ぶのが面倒で、ぱっと目についたジャズを流す。


要は何でもよいのだけどジャズはたまにテンポの速い前衛的な激しいのがあるから合わないときもある。

リビングで『半分、青い』を観る。何かシェイクやゆで玉子の気分ではなく今朝は新聞のみ。


昼はスーパーで何か調達しよう。出勤。肌寒い。ウインドブレーカー代わりに雨具の上着を羽織る。午前はルーティンワークを淡々とこなし、午後は主に受付。17時勤務終了。

おつかれ~
山行の記録を見たら昨年の6月18日(日)に中央線沿線の能岳~八重山に行ってからほぼ丸一年が経過した。2014年頃は何かに憑かれたように厳冬の奥多摩に出かけたりしていたのが、昨年夏過ぎてとんと行かなくなり「山歩きを少々」などとは言えなくなっている。

この少々、というのは、例えば時代劇で侍が「おぬしの剣の流派は?」「拙者、新陰流を少々使いまする」などと謙遜している風が、実は免許皆伝を匂わせる回りくどいニュアンスなのだが、私の山歩きは本当に少々で(笑)、高い山にも登らず、テント泊もしない、近郊の日帰り低山一人歩きだ。

だから再開するにはハードルが低いので休日にいつでも行けるが、体調(ふらつき)もあり、行きそびっている。私が歩く標高1500mくらいまでの低い山でも、整備されてない人気のない山はそれなりに危険箇所があったりするので行かなくて正解なのかもしれない。

無事に帰ってくるのは鉄則で、安全が最優先だ。高尾山でも転落事故があり救助隊出動があるのだから、楽しさのすぐ裏には危険が潜んでいることを肝に銘じておこう。